栄養料理教室

 

yasai

当会の行った栄養料理教室の概要をご紹介します。料理栄養指導は当会の管理栄養士(今村寿美子)が担当しています。
☆ゲルソン調理実習は鈴木希子(薬膳研究家)が担当します。ご希望の方は事務局(03-5804-4080)へお問い合わせ下さい。


 


テーマと 献立

第6回  ゲルソン食でお・せ・ち

  ① 紫芋いり玄米おこわ ② かぶら蒸し ③ 黒豆サラダ 
   ④ 盛り合わせ三種(まりも里芋・たたきごぼう・椿だいこ ん)  ⑤ 人参ジュース

第5回  食物センイ・デ・脳をすっきり  

  ①韓国風おやき  ②イカのスペイン風煮  ③切干大根サラダ

第4回 ビタミン、ミネラル・デ・低血糖予防   

  ①コーン玄米ご飯  ②トマトとおくらの卵スープ  ③夏野菜と魚介のホイル蒸し玉味噌かけ   ③豆と海草のサラダ   ④季節のフルーツ入りフローズンヨーグルト

第3回 ゲルソンの基礎

  ①ピースご飯 ②にんじんの木の芽和え  ③茹で野菜  ④五穀パン ⑤ヒポクラテススープ

第2回 ゲルソン・デ・生活習慣病予防 

  ①おすし   ②ジャガイモとにんにくの豆乳煮    ③せりの胡麻和え   ④うどのサラダ 
   ⑤レンコンとしいたけの蒸し煮

第1回 バランス食・デ・血糖の安定  

  ①古代米(黒米)ご飯 ②しめ卵の清汁 ③博多蒸し ④ほうれん草とナッツのサラダ  
   ⑤さつま芋とフルーツのきんとん


夏向きの簡単メニュ

  ① まるごとトマトのマリネ  ② カボチャのオレンジ煮

jikenkai康料理の事例集

 ①ヒジキのサラダ  ②雑穀ご飯・とろろ汁  ③スタッフド・ピーマン  ④茶きんずし・細まき・花ずし
 ⑤フローズンヨーグルト  ⑥カボチャのオレンジ煮  ⑦新ジャガイモとニンニクの豆乳煮 
 ⑧もりそばのエゴマみそだれ  ⑨五穀パンと季節の果物・ブルーメリージャム   ⑩丸ごとトマトのマリネ
 ⑪グルテンハンバーグの野菜ソースがけ  ⑫タケノコの木の芽あえ  ⑬グリーンピース玄米ご飯
 ⑭ウドとワカメの梅肉あえ


ゲルソン調理実習

 ① オートミール粥  ②さっぱりスープ  ③ほうれん草の蒸し煮 
 ④ジャガイモの小判焼きと野菜添え



 
 


 第6回 ゲルソン食でお・せ・ち  (12月9日)  

http://www.npo-jikenkai.jp/img/no_07.12.9_001.jpg

去る、11月24日「ゲルソン食事療法で元気になった方の体験談を聞く会」が開催され、その実践編としての“ゲルソン食・料理教室”が、東京文京区・湯島で12月9日に行われました。今回は、御節〔おせち〕料理に使われる食材を中心に簡単で~安心・おいしい・美しい~をテーマに家族が集うお正月向きに皆さんで楽しめる献立にアレンジしたものです。
    
もともと、おせち料理は、年の初めに神様へのお供物として、縁起良く、栄養バランスの優れた和食の原点ですから、各食材ゲルソン食には打ってつけの逸品揃いなのですが日持ちを考慮している味付けは、塩抜きのゲルソン食では味付けの工夫が必要となります。

今回の調理法や味付けは、おせち料理以外他の食材にも応用できますので日常的にご活用ください。

gerusonset
① 紫芋いり玄米おこわ
② かぶら蒸し
③ 黒豆サラダ
④ 盛り合わせ三種
まりも里芋・たたきごぼう・椿だいこ ん
⑤ 人参ジュース
季節野菜とりんご入り


① 紫芋いり玄米おこわ

okowa もち米玄米に黒米〔古代米〕と紫芋などのサツマイモを入れ蒸しおこわにしました。玄米でももち米は食感がもっちりしているので食べ易く食欲がない時に少量で力がつきます。又、お好みで甘栗を入れるのもちょっと豪華で一味違います。食する時にごまをかけるのも良いでしょう。

 


② かぶら蒸し

kabura

かぶの旨みを活用し他の食材もおいしくしてしまう1品です。卵白のみを少量使いふんわりと優しく蒸し上げるので茶碗蒸しとは違いすが立つことがなく失敗がありません。すりおろした生姜でいただくと体も心もホットに充たされます。「おいし~い!」と好評でした。

 

 
 ③ 黒豆サラダ

kuromame

一晩浸した黒豆を1時間かけて丸ごと玉葱とにんにくで煮て下味をつけたものに野菜のマリネを合わせて亜麻仁油とレモン汁のドレッシングで和えました。
一般的には濃い味仕立ての黒豆もゲルソン食ではさっぱりサラダで心ゆくまで食べられて安心です

 

 
④ 盛り合わせ三種:まりも里芋・たたきごぼう・椿だいこん

miriawase

火を通し球状にむいた里芋を青海苔の中でころがしてマリモの様に仕上げます。
火を通しごぼうの繊維を砕いて消化し易くしたものを蜂蜜・酢・すりえごまで和えました。
香りが食欲をそそります。
大根をピューラーで剥き甘酢に漬け込みしんなりさせて椿の花の形を作り中心に柑橘類の皮と赤唐辛子を飾ります。目から食欲をそそる工夫も一案です。

⑤ 人参ジュース:季節野菜とりんご入り

ninjnjyuce

人参に季節の野菜や果物を入れ味の変化を楽しみましょう。(湯せんがお勧め)

 

 

 

戻り

 
 

 第5回 食物センイ・デ・脳をすっきり (9月29日)

“前期治そう会”が9月29日の調理実習をもって終了しました。
今年度の治そう会は、前期・後期の2回・同講座で5つのテーマにより構成されていて 第1回“体の仕組みと簡単な栄養学”から始まり、サプリメントの知っておきたい知識

家族間の問題解決法などなど ~現代病である低血糖症から精神疾患様症状~をトータルな視点から改善していくための 方策を折りこみ解決の糸口を探っていくものです。

☆☆献立のテーマは、 食事に!間食に!!簡単・安心・おいしい!

jisyuuset
食物繊維・酵素・発酵食品・脂質(n-3系;n-6系)のバランスがとれ血糖値の安定
から神経・精神・気持ちを落ち着かせ現代病を克服していくことを目的としています。





① 食物線維タップリ!!・ジョン(韓国風おやき)
 /粒粉使用で玄米食の苦手な方!
   必見です。

oyaki

一人前
:全粒粉50gは玄米ごはん150g(茶碗1杯)に相当します。食物繊維含有量:玄米ごはん2,1gに対して全粒粉5,6gと2,7倍。このジョンには、ひじきとえごま(n-3系・しそ油)の葉が入って6g以上と約3倍。1日分の必要量の1/3の摂りにくい食物繊維がたっぷり摂れ低血糖・高血糖が改善できます。

 
② 老化予防に抗酸化物質・ポリフェノールたっぷりのイカのスペイン風煮

ikani
脂肪の少ない良質の蛋白質を多く含むイカの栄養素をトマトのリコピン・玉葱のケラセチン・ニンニク・生姜・イタリアンパセリとオリーブ油の組み合わせで効率的に体内に取り入れながら血液の流れ更に良くします。とても簡単で他の魚介類や食材に応用できる1品です




③ 和食の定番 切干大根サラダ
 /現代風にアレンジしたサラダにして常備菜として
  応用して見ました。

daikinsarada
切干大根は戻さずサッ洗って甘酢に漬けました。甘酢はインスリンの構成元素である亜鉛を多く含むメープルシロップを甘味に使いクエン酸タップリのアップルサイダービネガーとの合わせ酢です。甘味も酢と合わせる事で血糖値の変動を抑えます。


④ 有機人参の搾りたてジュース

ninjinjyuce

ゲルソンガン食事療法の中心です。

 

 

 

 


戻り

 
 

 第4回 ビタミン、ミネラル・デ・低血糖予防  (6月28日)

『栄養療法を実践するための低血糖を防ぐ食事』
  低血糖は脳の働きに異常をきたします。

午前中に実習した料理で、食事をしながら、午後は懇親会で大沢先生も参加して、」闘病中のご本人やこどもの改善に向けて奮戦中のお父さんやお母さん達18名が、先生と熱心に質疑応答を交わす。

http://www.npo-jikenkai.jp/jpg/ryouri0506.jpg

■献立
①コーン玄米ご飯 ②トマトとおくらの卵スープ ③夏野菜と魚介のホイル蒸し玉味噌かけ ③豆と海草のサラダ ④季節のフルーツ入りフローズンヨーグルト。

 


昼食献立のポイント】 
ビタミンB3・B6・亜鉛・食物繊維・n-3系油脂(魚油・亜麻仁油など)、現代で 
不足しがち な栄養素が無理なく簡単に摂れ、血糖の上がり下がりが抑えられるヘルシーレシピ の紹介
と実習

戻り

 
 

第3回 ゲルソンの基礎  (4月17日)

『がんの食事療法のコツ~ゲルソン料理教室』

食事療法で食べるものがいろいろ制限されますと単調になりがちになるため、長続きするためにも、おいしく作ることが大切。そのためのコツを挙げます。

1、 新鮮な食材の利用。新鮮な有機野菜の水分だけで調理することで、うまみや香りを楽しむ。
2、 ハーブなど香りのあるものを積極的に取り入れる。
   木の芽、パセリ、しそ、にんにく、ペパーミントなど。
3、 おいしいダシを作る。日本には鰹節と昆布でとったおいしいだしがあるのでこれらを利用。
4、 酢、レモン、ビネガー、亜麻仁油などを生野菜に使う。
   だし汁をドレッシングに少し足すと味がマイルドに。
5、 なべはステンレスかほうろうのものを使う。アルミは原則禁止。
   圧力鍋は高温になるため栄養素の破壊になりやすい。極力控えることが望ましい。
6、 料理に合った器を使う。料理に合った器を使うと、おいしく食べられる。
   料理は目でも食べるからです。

 

http://www.npo-jikenkai.jp/jpg/ryouri0502_3.jpg

■献立
①ピースご飯 ②にんじんの木の芽和え ③茹で野菜 ④五穀パン ⑤ヒポクラテススープ



 


続けることで改善している方がたくさんいます。生活全般の見直しと、家族にも協力してもらえるよう感謝の言葉がけが必要。
焼きジャガイモ、オートミールなども使うと便利

戻り

 
 

第2回 ゲルソン・デ・生活習慣病予防  (2月27日)

『生活習慣病に効く献立で』~無塩で知られる厳格なゲルソンをマイルドにしたもの

生活習慣が原因でいくつもの病気を引き起こします。中でも食事に関係のある塩分を取りあげ、季節の材料を使って塩分の少ない料理をテーマにしました。

http://www.npo-jikenkai.jp/jpg/ryouri0502_2.jpg
■献立
①おすし ②ジャガイモとにんにくの豆乳煮
③せりの胡麻和え ④うどのサラダ 
⑤レンコンとしいたけの蒸し煮




受講者の一人のかたが、無塩はおいしくないので食べられないと言われましたので、今回の料理教室では食べ方をアドバイスしました。帰るときに、「病院に行っているが先生は食事のことは何も教えてくれない。薄味は体にいいのですよね」と言われて帰られました。 受講者の中には病気と闘っているかたもいましたが、みなさんとても明るく、楽しいひと時をもてたことを感謝したいと思います。

戻り

第1回 バランス食・デ・血糖の安定 (12月18日)

http://www.npo-jikenkai.jp/jpg/ryouri004.jpg 『血糖値を安定させる糖質と脂肪の取り方』をテーマに何をどのように食べるのかということを身をもって学ぶ場として、12月18日(土)午後1時から4時まで、東京・文京区湯島の湯島生涯会館で第1回の自健会料理教室が開催しました。
今回のテーマは甘いものや油を禁止するのではなく、食材の組み合わせをひと工夫して、安心して食べられる調理を実習しました。担当は当会の管理栄養士も今村寿美子、曳地みえこが担当しました。


内容は一般的なものとは異なり、アレルギー・精神疾患などの改善に役立つことを目的に食品を組み合わせてあります。主食は未精製で、脂肪酸の比率にも気をつけました。

http://www.npo-jikenkai.jp/jpg/ryouri005.jpg
■献立
①古代米(黒米)ご飯 ②しめ卵の清汁 ③博多蒸し ④ほうれん草とナッツのサラダ  ⑤さつま芋とフルーツのきんとん

 



<献立のポイント>
1.主食はビタミン・ミネラルが豊富な古代米(黒米)と大豆レシチンの黒豆入りに黒ゴマをかけて
2.澄し汁にはコレステロールの最も少ない摂り方をしたしめ卵を使います。
3.博多蒸しにはn-3/n-6の比率の最も高い白菜を使い、
  鳥挽肉をカニを挟んで動物性蛋白質のバランスをとります。
4.サラダはほうれん草と砕いたくるみを亜麻仁油とメープルシロップ、ナッツを和える。
5.フルーツきんときは蒸してマッシュしたサツマイモにメープルシロップ、スキムミルク、
  バターで滑らかにしてフルーツを混ぜた食物繊維たっぷりのヘルシーなデザートです。

■まとめ
★メープルシロップにはインスリンの材料になる亜鉛が含まれていますので、砂糖の代用として使うとよいでしょう。
★油の美味しさに代わるカツオのダシ汁を使いましょう。ダシの旨味は調味料の節約となり、塩分、糖分を控えることが出来ます。
★甘いものや油は血糖値の上昇・下降をゆっくりさせる食物繊維を豊富に含む食品(野菜、海藻、豆類など)と一緒にゆっくり、よくかんで食べましょう。

戻り

 

自健会トップページに戻る

夏向き簡単メニュー

① まるごとトマトのマリネ

http://www.npo-jikenkai.jp/jpg/tomate.jpg  ■材料(4人分)
トマト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4個
黒粒コショウ、天然塩・・・・・・少々
セロリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g
人参・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g
パプリカ又はピーマン・・・・・・30g
玉葱・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g
にんにく・・・・・・・・・・・・・・・・・・1片
アップルサイダービネガー・・30cc
亜麻仁油・・・・・・・・・・・・・・・・・・30cc
バジル(飾り用)・・・・・・・・・・・・適量


■作り方
1.トマトはスライスしてさらに並べ、天然塩とコショウをふっておく。
2.野菜類はみじん切りにし、ビネガードレッシングに漬けておく。
3.1のトマトに2をかけバジルを飾る。

http://www.npo-jikenkai.jp/jpg/ene.jpghttp://www.npo-jikenkai.jp/jpg/tanpak.JPGhttp://www.npo-jikenkai.jp/jpg/seni.JPG

  102kcal          1.0g         1.6g

  ※『危険な油が病気を起こしている。 第6章 この油が現代人を救う。』
亜麻仁油の驚異が書かれています。

 

② カボチャのオレンジ煮

■ポイント

暑い日は、冷蔵庫で冷やしてもおいしいです。オレンジだけで甘みが足りないときは、蜂蜜やメイプルシロップなどをかけましょう。

kabotya

■材料(4人分)

カボチャ・・・・・400g
オレンジ・・・・・3個分

■作り方

1.カボチャは一口大に切り、面取りをする。
2.オレンジは絞って、ジュースにする。
3.1のカボチャに2のジュースをいれて弱火で煮る。
(ステンレスの厚手の鍋を使うと良い)

 

http://www.npo-jikenkai.jp/jpg/ene.jpghttp://www.npo-jikenkai.jp/jpg/tanpak.JPGhttp://www.npo-jikenkai.jp/jpg/seni.JPG

    80kcal         2.4g           3.4g

※熱が入ると酵素は死滅するがこの療法ではジュース・サラダで豊富な酵素が供給されるので、問題ない。どれかひとつという考えではなく、バランスが大切といえる。・・・・・・今村光一
※良く火を通し、やわらかく調理された食べ物は、大量のジュースや生の食べ物の吸収を助ける。・・・・・・ゲルソンがん食事療法(阿部孝次 氏家京子訳)p86より

 

戻り 

自健会トップページに戻る