自健会で取扱っている健康図書一覧

書籍注文希望の方は『書籍注文書』をクリックして下さい。
書籍注文書   ※注 注文書の書籍は絶版、再販等により以下の一覧とは異なっています。

No
書 籍 名
概          要
定価
(税込)
1

栄養療法事典
(医学博士M.ウァ-バック著 今村光一訳

 四六判上製 368頁)

糖尿病、心臓病、肝臓病、アレルギ-、老人性痴呆症、更年期障害、 関節炎など50種類の一般的な病気を食事改善とビタミンなどの 栄養補給で治す自然な療法。世界各国で翻訳されている“第三の 医学”の名著。一家に一冊備えるべき新時代の家庭医学事典。著者はカリフオルニア大臨床教授 。
2,600円
2

医者も知らない亜麻仁油パワー
(医学博士O.ラディン著 今村光一訳 四六判上製 336頁) 

現代では食生活、食用油の製造法などが原因で「オメガ3」といわれる脂肪酸の不足が大問題になっていることを明らかにし、その対策を説いた「オメガ3」研究の権威による分かりやすい名著。「オメガ3」を多く含む亜麻仁油を補給することで心臓病、糖尿病、免疫の低下、アレルギー、生理不順、前立腺肥大、肌荒れ、精神病など多くの病気を治した治療実験も詳しく紹介。健康増進のための亜麻仁油の使い方も分かる。
1,900円
3
医者も知らないホルモン・バランス
医学博士J.R.リー著 今村光一訳 四六判上製 400頁)
従来のホルモン医学の定説を覆す世界的に大反響の名著を完訳。食生活、環境ホルモンなどの現代的な要素がホルモンのバランスを崩し、女性の多くの病気、トラブルを起こしているとして解決法を詳述。同時に副\作用の多い現在のホルモン療法に代わる食事改善、ビタミンなどの健康食品や山芋のクリーム「ファイト・ゲスト」などの利用による自然なホルモン調整療法を示す。
2,700円
4
続・医者も知らないホルモン・バランス
(医学博士J.R.リー著 今村・伊藤共訳 四六判上製 440頁)
世界的ベストセラーになった前著の著者リー博士が女医ハンレイ博士との共著で書いた。30代~50代の前更年期の女性の問題に焦点を当てた。ハンレイ博士の豊富な臨床例を加え、前著より具体的でさらに判り易い自然なホルモンを使って自分で治す自然療法。毎月の単位で変動するこの年齢層の女性に特有なトラブルをホルモンのバランスの観点から解明し、その対策を説く新しいホルモン医学の画期的名著。
2,900円
5
医者も知らない自然なホルモン
(医学博士D.ブラウンスタイン著 今村光一訳 四六判上製208頁)
博士が長年の治療実験をもとに副作用のない自然なホルモンの活用で心臓病、ガン、糖尿病、不妊、更年期障害など多くの病気を自分で治す方法を公開。43人の実際の患者のさまざまな症例を具体的に解説している。また博士自身が一人一人に相談に応じてくれる。
1,600円
6
医者も知らない甲状腺異常症候群
(医学博士B.O.バーンズ著 今村光一訳 四六判上製320頁)
心臓病・糖尿病・関節炎・慢性疲労・肥満・不妊・生理不順・それに現代っ子で問題になっている情緒障害など、これらの病気やトラブルの多くが甲状腺機能の低下が原因で起きていると、甲状腺の研究と治療のパイオニアである著者バーンズ博士は訴え、多くの患者をこの治療法で救ってきた。患者自身がこの療法を自分でやれるように甲状腺機能の自己診断法から治療の実施法まで具体的に解説している。自然な甲状腺ホルモンの入手法も紹介。
2,500円
7
沈黙の血栓
(医学博士J.プリビテラ A.スタング著 氏家京子訳 四六判上製304頁)
脳卒中や心筋梗塞の原因である血管を詰まらせる物質「血栓」は、実はどんな人の血液中にも存在し得るものである。博士は脳卒中や心筋梗塞ばかりではなく、糖尿病、ガン、感染症など、多くの病気が発生する前には、その徴候が血液中の赤血球や白血球のかたちに現れていることに注目。暗視野顕微鏡を使って患者自身が観察し納得しながら治療を進めていく。又、日本人患者のリポートや日本で暗視野顕微鏡を設置したクリニックも紹介。
2,500円
8
危険な油が病気を起こしてる
(自然療法学博士J.フィネガン著 今村光一訳・解説 B6判並製 240頁)

“あまり工業的に”製造されている現代の多くの食用油の危険を世界で初めて指摘。危険な脂肪のトランス脂肪酸を避ける健全な食用油の選び方、使い方を説く。危険な食用油はガン、心臓病など多くの現代病の原因と指摘。付録として日本の代表的食用油35余種類の分析データも製品の実名入りで全公開。この付録が日本での健全な食用油選択のガイドとして大好評。

1,400円
9
『ビタミン革命』(医博M.ジャンソン著 岩手大名誉教授 大沢博 訳 四六判並製 256頁)  ビタミン、ミネラル、酵素、ファイトケミカル、アミノ酸などに関する研究はまさに日進月歩、そういう現代最先端の研究を踏まえながら同時に20余年の臨床経験に基づいて示す、病気を治し、より健康になるための食事、栄養作戦の最新の決定版。脂肪に関する最新の研究成果も盛り込まれた21世紀の健康ガイド・ブック。
1,900円
10
『ガン勝利者25人の証言』(今村光一著 B6判 206頁) ゲルソン、コントレラス、ブリストルなどの自然な療法によるガン克服者の実例を日本人の実例も含め具体的に紹介。独立項目としての25人だけでなく実際には50人のガン克服体験をレポ-ト。この本にもっとも勇気を与えられたという患者が多い。
1,300円
11
『対がん総合戦略』 (西村誠著 自然療法医師、西村クリニック、オーリング認定医、長野県東御市八重原915-2 tel 0268-61-6144) 代替療法のベースとなっているゲルソン療法から、自然療法そして、がんと闘うための生活上のヒントが散りばめられている。研究熱心な先生が、患者さんに医者任せにしないで、自分でできることを積み重ねていく大切さを具体的に挙げてくれている。毎日の生活にチェックしながら改善していくことをお勧めする。コピープリント版
1,600円
12
『医聖会ゲルソンレシピ集 日本版』 ゲルソン療法を理論で理解した後の実践に役立つ具体的献立例が豊富。力のある野菜ということで有機、無農薬が理想だが、旬の取れたて野菜でも構わない。野菜の味だけで食べるので素材の良さは重要。そこをクリアーした後、是非、この献立集にトライして欲しい。たくさんある中から何を選ぼうか、迷う楽しさがある。その頃には、もうすっかり薄味になれ既製の食品の作られた味にびっくりするはず。健康を食から考える手ごろな1冊。 50ページのファイル版
1,000円
13
『いまの食生活では早死にする』(アメリカ上院栄養問題特別委員会レポ-ト 今村光一抄訳・編 新書判 256頁) 世界的に衝撃を与えた有名なアメリカ上院栄養問題特別委員会の5000ペ-ジの大レポ-トを簡略にまとめた。現代の食生活の全ての問題点を明らかにするとともに正しい食生活改善の方向を示す29年前の旧版刊行以来いまも読まれ続けている超ロング・セラ-の名著。本書は日本の学界にも世間にも大きな衝撃を30年近くもの間与え続けている。長寿村研究で日本医師会最高有功章受賞の古守豊甫博士の「快著」と激賞の推薦文付き。 <経済界刊>
900円
15
オーレユーロペンの奇跡 (医学博士M.ウォーカー著 今村光一訳 新書版 280頁)  ウィルスも含め全ての感染症、耐性菌にも効果を発揮するので、エイズも治す21世紀の超抗生物質、オリーブの葉から造る驚異の健康食品の効果、使い方、日本での入手法も紹介。健康の維持、増進にも大きな効果。<経済界刊>                             
1,000円
16
ガン食事療法全書
(医学博士M.ゲルソン著 今村光一訳 四六判上製 496頁)
シュバイッツア-が医学史上の大天才と激賞したゲルソンの大著。ガンを食事療法で治すバイブルとして欧米で数えきれないほど多くの患者を救ってきた名著。日本でも関心が高まりこの療法によるガン克服者も増えている。本書によりゲルソン療法が日本でも知られるようになった。<徳間書店刊>
2,800円
18
ガンは栄養療法で治る
(栄養学博士P.クイリン著 今村光一訳 四六判上製 400頁)
ノ-ベル賞受賞者のガンの栄養療法のパイオニア L.ポ-リングがガンの専門医にも患者にも必読の本として推薦の名著。“医学史上の大天才”ゲルソン以来のガンの栄養療法の歴史を踏まえつつ現代最先端の栄養学研究の成果を盛った最新のガン栄養療法理論を平易に解説。ビタミン、ミネラル、酵素など栄養物質の使い方も具体的に詳しく分かる。著者は国際ガン栄養療法学会の最重要メンバ-の一人。<中央ア-ト出版社刊>
2,700円
19
ガンと闘う医師のゲルソン療法
(元福島医大助教授 医学博士星野仁彦著 四六判並製 328頁)
自身の転移ガン(平成2年発症)をゲルソンの食事療法を中心にした療法で克服した星野博士が自身の克服体験を始め10余人の日本人患者を同じ療法によるガン克服の実例を詳細に医者の立場から解説、現行のガン療法に代わるより効果的で副作用のない正しいガン療法を説く。 <マキノ出版刊>
1,700円
20
キレない子供を作る食事と食べ方
(今村光一著) 
アメリカ上院栄養問題特別委員会の調査などこの分野の世界と日本の最先端の研究を判り易く紹介しながら食事と栄養の改善で子どもたちを健全に育てるための具体的なガイドを示す。子どもを持つお母さんや教育関係者には必読の一書。<主婦の友社刊>
1,400円
21
食事で治す心の病
(岩手大学名誉教授 大沢博著 四六判並製 216頁) 
現在は扱っていませんので書店にご注文ください。
.ストレス・うつ・痴呆・心の病に食事が深く関わっている。心と脳は栄養に因ると新しい医学の潮流を説く一書。<第三文明社刊> 
1,300円
22
食事で治す心の病 PartⅡ
(岩手大学名誉教授 大沢博著 四六判並製 232頁)
食生活が心の病に深く関わっている。難病といわれる統合失調症の原因に迫り、その治療予防法を考える希望の書。 <第三文明社刊> 
1,300円

 

 

 

24

 

 

 

食事で治す前更年期症候群 (続木和子 Cell栄養研究所主宰 四六判変形 119頁) 前更年期とは、更年期といわれる年齢に至る前の若年期にホルモンのアンバランスから起こる諸症状、生理痛・無月経・生理不順・卵巣膿腫・子宮内膜症・PMS・不妊症・子宮筋腫・無排卵の生理・異常出血・その他女性の生理のトラブル・乳房の痛みなどの諸症状の事を指します。10代から40代のなんと半数が!必ず治る。1ヶ月で改善。あきらめていた赤ちゃんができたなどのよろこびの声も。トラブル解消レシピが満載! ホルモンの流れについてもわかりやすく解説。可愛らしく読みやすく女性にとって一冊は必携の本。 <星の環会>
1,700円

 

25

 

抗がん剤拒否のすすめ(元福島医大助教授 医学博士星野仁彦著 四六判並製 269頁) 5年生存率0%という、統計をくつがえし、がんと闘った医師とその家族が、絶望の淵から希望を見つけた、ゲルソン食事療法。そのレシピや心構えについて熱い筆で、がん患者と家族を鼓舞してくれる。  <アスコム>
1,600円

 

26

 

統合失調症で治す
(A・ホッフー著 岩手大学名誉教授 大沢博訳 四六判並製 196頁)
統合失調症の原因は生化学であることがわかっています。これに対して急性のケースで90%の回復。慢性のケースでも50%の回復を成し遂げています。その治療戦略は正しい栄養と関連してビタミンB3とCの大量投与を用います。この書は段階的に説明を進めているので患者と家族にとってこの治療法の最大限の効果を得られるはず。            <第3文明社>
1,300円

 

27

 

食物酵素のBAKA力
(E.ハウエル博士著今村光一訳 絶版のためコピープリント版 215頁)

 

補酵素であるビタミンに比べ、酵素に関する情報は数少ない。酵素は生体反応におけるもう一つの主役である。食べたものを体が吸収できる状態にするのが
酵素の役割なのだ。酵素不足は病気の遠因となる。知られざる酵素の働きを網羅する。

 

2,100円

 

自健会トップページに戻る